​ABOUT

 好きなことや心地よいことに没頭すると、人は癒されます。

おいしいものや素敵なものはみな、心をゆたかにしてくれます。

愛する誰かがそばにいるだけで、気持ちが落ちつくのもそう。

せわしなく、時間に流されてしまいがちな現代だからこそ

一つひとつのものごとに向き合って、それらを「愛でる」ことが

何より自分を輝かせてくれるのだと思っています。

私にとっての「愛でる」=五感をよろこばせる方法は、

旅をすること、暮らしを彩ること、料理をつくって味わうこと。

大好きなお酒を嗜みながら、おしゃべりをすること。

そして、そのとなりにはいつも最愛の夫がいます。

旅と暮らしは一見、正反対のことのようにも思えます。

でもたとえば、旅先で出合ったはじめての料理に感動して

帰ってきてそれを再現しながら、思い出話をしてみたり

おいしかった一杯のワインがきっかけで

その国のことばや文化についての勉強をはじめたり…

旅と暮らしと食は、すべてがつながっているように感じるのです。

 

夫婦だけでなく、家族、友だち、仕事仲間、そのほか

いろいろな関係が私たちをとりまいています。

だからこそ、限りある人生に「ふたり」で向き合って

旅を、日々の暮らしを、食卓を、心から楽しみつくしたい。

「旅のあと ふたりのレシピ」は、そんな私たちの生き方に

共感できる、あるいは共感したいと思ってくれる人たちのために

ていねいにことばを紡いでいく「よみもの」です。

夫や妻、恋人、親子、ルームメイト…

パートナーとの関係をより豊かなものにするために。

「旅のあと ふたりのレシピ」では

料理、旅、暮らし、それぞれのジャンルにおいて

日々を愛でるささやかなアイデアを発信していきます。

日常と非日常のあいだを行き来して、発見をたのしみながら

誰かと「おいしい」や「うれしい」をシェアできたら

それだけで幸せに生きていけるのだと思います。

 

旅のあと ふたりのレシピ

主宰 ゆさみずあ